Top >  自分らしくダイエット >  太りすぎは体に悪影響を及ぼす

スポンサードリンク

太りすぎは体に悪影響を及ぼす

背中が痛かったのは、実は太りすぎに関係していた、なんていうことを知っていますか?
ダイエットして痩せると背中の痛みも楽になった、ということが実際にあるんです。
ほんの数キロ太っているだけでも、せり出しているお腹とバランスを取るために、背中にも大きな負担がかかっているのです。
肥満体の人で背中が痛い、という人は、ダイエットして痩せる必要があるかもしれませんね。
また他の部分でも肥満からくる傷みを伴っている箇所はあるんです。
よく聞くのが関節痛です。
年を取ってくると、膝の関節が痛むことがあります。
これは年を取っているからというだけではなく、太りすぎで体重がオーバーしていることが大きな原因だともいわれています。
またヒップの関節なども痛みます。
健康を保つためにも、太りすぎないことが大切です。
ダイエットとは忍耐が必要ですが、関節が痛むようになってから体重を減らすより、痛む前の自由に運動ができる体の軽いうちから、適当な運動をし、自分にあった
体重を保つような生活習慣を身につけておきましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 癌予防のためにダイエットをしよう  |  トップページ

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ダイエット日記 自分らしい美しさ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。