Top >  ダイエットとリバウンド >  内臓脂肪型肥満(腹部肥満)

スポンサードリンク

内臓脂肪型肥満(腹部肥満)

肥満といっても人によって太り方が異なり、体重が同じでも骨組みが太い人、または細い人、筋肉質な人、または脂肪質な人など、体重が同じだからと同じような肥満だと思っていても、色々と違っていたりするものです。
健康にいちばん関連するのは内臓脂肪です。
最近ではメタボリック・シンドロームという言葉をよく聞きますが、内臓に脂肪を蓄積させたままでいると、体に危険を及ぼし兼ねません。
BMI(体格指数)を使うやり方など、内臓脂肪型肥満かどうかを比較的簡単に調べる方法もあります。
例えば、ウエストとヒップの比率をみる方法、またはウエストの測定などでもよく知られています。
日本肥満学会の定めた指針で男性は85センチ以上、女性は90センチ以上。
また他の方法として、ウエストの大きさと身長の比を指標する方法もあります。
内臓脂肪型肥満はとても危険です。
食事療法、運動療法などをうまく組み合わせ、健康的にダイエットすることが大切です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ダイエット成功のための食事  |  トップページ  |  次の記事 ダイエット後のリバウンドについて  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ダイエット日記 自分らしい美しさ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。